ルール

■■■■■ AVPCL ルール ■■■■■

●勝ち点
win(3p) draw(1p) lose(0p)

●順位
勝点が同じ場合は
(1)得失点差、(2)総得点数、(3)当該チーム間の対戦成績(①:勝点、②:得失点差、③:総得点数、④:アウェーゴール数)、(4)過去5シーズンのcountry ranking、(5)抽選により順位を決定する。

●参加必須条件(Required)
・SkypeID
・ブロードキャストによる毎試合の配信、動画保存
(Youtube or Twitch Broadcasting and archive)

●規則
・GK = 可
・ANY = 禁止(Com GK Bugが解消されるまでは”フィールドプレーヤーが10人揃った場合、またはフルメンバーに限り”ANYを認める)
・決勝トーナメントはH&A(アウェイゴールルール適用)
・能力不正禁止
・紳士的であること
・GKへのプッシング、プッシングによるゴールは認められない(運営による試合後のビデオ判定による確認要)
・決勝トーナメントでの引分けは再試合(アウェイゴールは適用しない)
・ACLに登録したチーム名以外での対戦を認めない。違反チームは0-3の負け扱いとする。new

●ACL選手登録
・選手登録は基本自由
・ACL出場クラブ間での2重登録は禁止
・2重登録の選手が出場した試合は0-3の負け扱いとする
・提出期限までに、所定の場所に選手リストを提出すること。

【試合前】

①試合前日までに両クラブ同意のもと延期が可能。Skypeにて延期日時を報告すること。
ただし、期限は次回の試合が始まるまでに行うこと。
②開始時間10分を過ぎても相手クラブから反応が無い場合は不戦勝(3-0)扱いとする。
③ホーム側から招待(何らかの不具合により送れない場合、AWAY側が招待)
④ユニフォームが同系色で見づらくない様、事前に決めておくこと。
⑤試合配信はHOME、AWAY両方で行い、必ずアーカイブ設定にしておくこと。
⑥フリーズなどにより”キックオフ前”にメンバーが落ちた場合はSkypeで速やかに報告し、再試合すること。
⑦開始時間10分を過ぎても何らかの不具合によりマッチングしない場合、その日の最後に持ち越すか
後日、相手側と日時調整して再試合をする。

【試合中】

①回線落ちがあった場合でも試合は続行する事。意図的な切断により試合続行不能になった場合は該当チームを0-3の負け扱いとする。

①全ての試合において、各チーム2回まで再試合を行う権利を保有する。(HOME team 2times、AWAY team 2times)
・2回以上再試合を行った場合は反則負けとして0-3の敗戦とする。
・再試合を行う際は、速やかに試合を終了すること。再試合中に得点を入れられた場合、その得点はカウントする。

②EAサーバーの不具合、天災など何らかの外的要因により大多数が試合続行不能になった場合

その後、試合を再開できそうであれば
[前半落ちの場合]その時点まで時間を進めた後、試合を再開すること。
[後半落ちの場合]後半開始から落ちた時間まで前半放置(後半60分で落ちた場合は前半15分まで放置)した後、再試合を行うこと。
得点は合算とする。

再開困難となった場合は
【試合前】⑦を適用

 

【試合後】

[試合結果報告]

①HOME、AWAY両チームとも第1節終了毎にSkypeグループ【★ACL Match Result】へ”指定のFormat通り”試合結果を記入すること。
(集計に支障をきたすので報告は確実に行って下さい)

————-【Match Result Format】————-

□節(Matchday)

□□□□ 【 】 vs 【 】 □□□□

Scorer
□□□□(1)
□□□□(2)

Assist
□□□□(2)

退場(sent off)
□□□□

———————————————-

②レッドカード、イエローカード2枚により退場した場合、その選手は「次節1試合の出場停止」
出場停止の旨、運営に報告後試合を行うこと。
(出場停止処分選手の出場が判明した場合、該当チームは(0-3)の負け扱いとなります)

【禁止事項】

①登録選手以外の出場を禁止とし、出場停止選手扱いとする。
(【試合後】②の罰則ルール適用)

②退場になった選手がANY操作になった場合、退場した選手は速やかにその試合から落ちること。
ANY操作で数分間プレーしていた場合、該当チームは(0-3)の負け扱いとする。

③スポーツマンシップ・フェアプレイに背く行為は禁止とする。
・GKのキック妨害、セットプレー時のGK妨害
→妨害からの得点は無効
→運営が意図的であると判断した場合は該当選手を出場停止処分(試合数は運営判断)とする

・相手に敬意を払わず挑発するプレー
(自陣でのリフティング連発、プレーに関係のない所でのスライディング連発、無意味なGKの上がりなど)
→悪質性が高いと判断した場合は該当選手を出場停止処分(試合数は運営判断)とする

明らかな妨害、挑発行為が続いた場合は該当クラブを失格処分とし、当面のリーグ参加を禁止する。

④グリッチが発覚した場合、該当の試合を0-3とし、選手は永久追放とする。

⑤GKチャージによる失点は故意、過失に関らず無効とする。
・失点をしたクラブ側が運営へ動画提出してください。
・申請の無いもの、動画提出が出来ないものに関しては不問とする。

⑥その他、PSNメール、SNSなどを通じた相手側への侮辱や不適当な行為を発見した場合は
該当選手へペナルティを科す。
以降、改善が見られない場合は、該当選手のリーグ参加禁止及び、クラブに対してもペナルティを科す。

【その他】

①リーグ開催期間中に辞退クラブが出た場合、辞退クラブの全ての試合を0-3の負けとし
辞退クラブを当面リーグから追放とする。
②上記ルール、微妙な判断含め、最終決定は運営側で行います。

以上